12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-01-22 (Sat)
新人君にはよくスキル上げの時、援護してもらっている。
相変わらず お姫様扱い。

だいぶ前の話だが・・・
新人君「貴女のことがとても気になる」
私「あー、それは気にしない努力を。」

その時に、中の人の年や環境を話そうかなーと思ったが 直接「なんだよーーー・・・」って言われるのは・・・さすがに、ちと嫌だな。
すっごい不本意だが利用してるみたいなのは嫌だし・・・。
仕方なく、実年齢とリアルな環境を書いて、本当のお姫様を探してくだされと以前聞いたメアドにメールを出した。

ところが。

新人君「ある程度予想してましたよ。万が一、本当のお姫様を見つけたとしても貴女をおざなりにしたりはしません♪」と返事が来て・・・
その後の態度も全く変わらず。
いつもスキル上げに付き合ってくれている。
歯の浮く台詞の連続攻撃にもだいぶ慣れた。
ゲームの世界だし・・・真剣に受け止めることもないのだろう。
よくわかりませんが。

うーん、本人がいいと言うんだからまあいっか?
スポンサーサイト
* Category : 1st-ケイ○記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。