12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-01-13 (Thu)
何とか遠目にみんなの姿をキャッチ!

合流成功。
(:゜д゜:)ハアハア

やっとのことで ガルム回廊に到着。
着いたと思ったら すぐ目の前に「何とか兄弟」が並んでいた。

こ、こんなにやっつけないといけないのーーーっ
とりあえず・・・一番近くに居た奴に殴りかかった。
戦闘開始ーーー!!

しかーし。
びっくりするくらい強い。
私はといえば相変わらずロクに間合いも取れない。
こんなんじゃ絶対倒せないヨーーー(T_T)

連れて行ってくれた人が 倒してくれたようなもんだった。
私の攻撃は数発当たったかどうか・・・くらいだった。

はあー・・・こんなに強かったのか。
こりゃ 私にはまだまだ無理だったな・・・。
反省しつつも、ちゃっかりアイテム回収。

・・・あれ?
あらららら???

Aさん「おめでとうございます^^」
私「でも、、、何か、、、盾でした。」


Bさん「キックはこいつだってばw」

うぎゃーーー!
天然にもほどがあるーーー(T_T)

でも・・・いいや。まだこのクエをやる資格ないってよーくわかった・・・。
黄昏つつ、お礼とお詫びを皆に伝えた。

私「手伝ってもらったのにすみませんでした。
  でも・・・私、このクエはまだ無理だってよくわかりました。
  キックはもっと強くなってからにします。ほんとにお世話になりました。
  ありがとうございました。」



Bさん「俺の言葉、聞こえてないのかな・・・」


ん?
皆に背中を向けたまま話をしていたので、グルッとカメラ回して向き直ってみた、ら。
・・・とんでもない光景が目に飛び込んできた。

うわああああーーー!!

・・・皆さんが キックの奴と戦ってくれていた。
な、なんてこったあーー

慌てて参戦したけど 叩くか叩かないかのうちに戦闘終了した。

愕然・・・。
間抜けにもほどがある。
ああ 何て情けない・・・他人様に2体も倒してもらうなんて。
・・・と思いつつしっかりとアイテムは頂いた。

その後、急いで土下座ボタンをクリック。
「す、すいませんでしたーーー!!!」



そして・・・今日も私は他人のフンドシで手に入れたキッカーシューズで元気に走り回っている。

強くなる日はくるのだろうか。
スポンサーサイト
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-13 (Thu)
新人君のおかげでチャットサーバーに初参加できた私。
このチャンスにわからないこと聞いておこう♪

私「ガルム回廊ってどの辺にあるんでしょうか」
Aさん「ギルドのクエ?」
私「はい」
Bさん「行ってみようか?♪」

ええっ! 今から???
私こんなに弱っちいのに?!

あっという間に人が集まって6人くらいのパーティーを組んでくれた。
うーん 大丈夫だろうか。

でもせっかくのチャンスだから頑張ってみよう。

オグマのところに走って行ってクエを受けてきた。
さあ、制限時間は40分。
急いで帰らないとっ!

・・・こんな時に限って道に迷う。
何で アルターのとこに出たのーーー(T_T)ううっ

イソゲイソゲ。

何とか帰ってきて みんなについて行った。
ところが・・・
前を走っていた人が道を間違えた。
Cさん「ここじゃないような気がする」
Dさん「戻れーーー」

あやや、Uターンですか。
だいぶ川を流されちゃった。
戻って岸に上がると、半漁人みたいなのと戦闘開始してる。
よし、スキルも上がるし叩いとこう♪
数発殴ってふとみると・・・・

全然知らない人だった。 みんな居なくなっていた。
うっ・・・
たまたま戦闘してる場所に居ただけだったのね。
みんな どこいったーーー!!

急いでとんずら。
こっちに来られたら 間違いなく死ぬっ

走ったのでますます迷子に。

みんな どこーーっっ

続く
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-12 (Wed)
以下、クエという。

これをやらないと星がつかないと気がついたのはかなり日が経ってからだった。
人の話聞いてないなあ( ´∀`)えへ

何とかこなして星一つになった。
うふふー。嬉♪
しっかりスキル上げて早く二つになりたいなあ。

強いのと当たらないと スキルが上がらないのでしばし頑張る。
ネオク山で サンドワームを狩。
時々トレインに泣かされ、死にながら頑張った。

・・・・飽きた。

ネオク山にも飽きてきたので ビスクに拠点を移動。
レクスールヒルズで 尼さんを叩く事にした。
ホームポイントが近いのでスキル上げにぴったりだ。

一人でかかっていって死んだり、横殴りさしてもらったりして順調に・・・というか、やっとキックが30に。

オグマ(ギルドマスター)「スキルが30超えたら報告にくるように」

という言葉を思い出して、喜び勇んで走っていった。・・・ぶつかったり迷ったりしながら。
きっと 何かくれるに違いない♪

と 思ったら・・・・次のクエをくれた。
ざ、残念っっ

今すぐはムリっぽいクエだったので 当分やらないことにした。
制限時間40分は無理だ。
時間内に、尼橋を超えて ガルム回廊を一人で見つけ出す自信は・・・全くないw

しばらく尼さんを叩く日々が続く。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-06 (Thu)
以下、クエという。

これをやらないと星がつかないと気がついたのはかなり日が経ってからだった。
人の話聞いてないなあ( ´∀`)えへ

何とかこなして星一つになった。
うふふー。嬉♪
しっかりスキル上げて早く二つになりたいなあ。

強いのと当たらないと スキルが上がらないのでしばし頑張る。
ネオク山で サンドワームを狩。
時々トレインに泣かされ、死にながら頑張った。

・・・・飽きた。

ネオク山にも飽きてきたので ビスクに拠点を移動。
レクスールヒルズで 尼さんを叩く事にした。
ホームポイントが近いのでスキル上げにぴったりだ。

一人でかかっていって死んだり、横殴りさしてもらったりして順調に・・・というか、やっとキックが30に。

オグマ(ギルドマスター)「スキルが30超えたら報告にくるように」

という言葉を思い出して、喜び勇んで走っていった。・・・ぶつかったり迷ったりしながら。
きっと 何かくれるに違いない♪

と 思ったら・・・・次のクエをくれた。
ざ、残念っっ

今すぐはムリっぽいクエだったので 当分やらないことにした。
制限時間40分は無理だ。
時間内に、尼橋を超えて ガルム回廊を一人で見つけ出す自信は・・・全くないw

しばらく尼さんを叩く日々が続く。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-06 (Thu)
ちょっと時間が前後・・・

ネオク山に行って間もない頃、方向を見失って迷い込んだ場所で転落死してしまった。

うおーーー!初めてシンジャッター(T_T)
ホームポイントをビスクから移してなかったので ビスクで復活してしまった。

しゅううううーーーーー・・・・(死体回収中)

ふうー。やれやれ・・・・
ふと見ると、真後ろに立ってこちらをみている人がいる・・・

何と!
チュートリアルで話をした新人君だった。
同時にスタートしたのに、彼はもう星が一つついていた。
私が採掘なんて遠回りをしている間に しっかり魔法に的をしぼって鍛えているらしい。
キックの技をどこかで売ってないか聞いてみた。

新人君「よかったら案内しましょうか?あの時話しかけてくれて嬉しかったのでお礼です♪」

わーーーい( ´∀`)ありがたやー

喜び勇んでついて行くと・・・・彼は水に飛び込んだ。

うへーーー 泳ぐんすかっ 泣

ぎゃーーー 溺れるっっ

(:゜д゜:)ハアハア
距離が短かったので、何とか上陸。
あらまー こんなとこにも店があったのね。
こりゃ 泳ぎなしでやっていけないゲームなのね・・・。

お礼を言って もうちょっとマシになったらいつかパーティーを組む約束をして別れた。

次に再会するのはもうちょっと先になるのであった。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-05 (Wed)
ローブやら、レザー商品やらに何度か買い換えて着替え、「超ド新人」から「はじめて間もない新人」のイメージになってきた私。
今日もせっせとネオク山で クモの糸をお金に換えるために戦い続けていた。

すると 突然声をかけられた。

知らない人「そこの巨乳のおねえさんw」


・・・・・。


ん??
私しかいないから、私のことか?!

ああ そうだ、リアルでこんな風に呼ばれたことないからピンとこなかったけど・・・
今の私は巨乳キャラだったわw

私「はい?」
知らない人「ハンティング、着てみる?」

ええーと、どっかで見たような気がする。
どんなんだっけ???
でも 今よりいいのは間違いない♪
しかし、買い揃えるような金はない。
あったら こんなとこでクモと戦ってないし。

私「でも お金ないんです」
知らない人「あげるよw」

ありゃまーーー!
ただで、上着とズボンと手袋と靴をもらってしまった?。
オンナは得です♪
とはいえ中の人、結構歳食ってんですけど・・・いいんでしょうかっw

・・・いいことにしましょう。見えませんから♪

さっそくお着替えルンルンルン♪♪♪


が、しかーし。

似あわねーー!!( ̄□ ̄;)!!

顔のキツイ、スーパーサイヤ人みたいな髪型の上に、黒い眼帯。
肩のふんわりした服は・・・・どーもミスマッチ。
上着以外はとってもナイス♪
これにぴったり合う上着といえば、いっちばん最初に来ていたへそだし丈のシャツ。

・・・一度ゴミ箱に入れたものを、54円も出して買ってきた。
上着は 帽子でも手に入れたら着てみることにしましょう。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-04 (Tue)
ネオク山はいい。
何がいいかっていうと、壁がない。
まっすぐ歩けない私でも爆走出来る。
ぐるっと見渡せて 迷子になりにくい。
ビスクでは蛇の取り合いみたいになかなか当たらなかったけど、ここではクモもサソリも余ってる。

武器はというと、素手とキック。

いや、別に「素手師」になりたかったわけではない。
ドラクエでは、全員遊び人のパーティで始めて、極めたら全員魔法使い、と弱っちい職業から攻めて行く私。
「スキル制」というものをあまり理解していなかった。
素手を鍛えておいたら 後で武器持った時に強いだろ♪

・・・なんておバカな。全然別物ぢゃん。

この勘違いのおかげで キックが30になるまで 手は素手でやるはめに。
おまけに、カメラアングルが上手くいかなくて、間合いがとれない。
ネオク山で、クモやさそりを素手で追い掛け回して 自分もくるくる回ったり方向違いへ歩いちゃったり。

ダメージ、2・・・・ 3・・・・ 4・・・・ 

・・・・・。

ヘボい、弱すぎるぞーーっ
道のりは遠いわ・・・(′O`)?3
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-03 (Mon)
やっとのことで本編に突入。
とりあえずビスクに行ってみた。

きらびやかな、強そうな人がいっぱい。
それに引き換え、私ってば はだしだよ、裸足。
よし、まず靴を買おう。お店はどこかな?

女の人「まだギルドは早すぎるね。悪いこと言わないから鍛えておいで。」

ちぇっ。言われなくてもわかってらあ。
靴探してるだけだよーだ。
ここは人が多すぎる。道も複雑で歩きづらい。
ネオク山に行ってみた。

あちこちで 岩を掘ってる人が居る。
これはお金になりそうだ。
まずお金を貯めて、新人の衣装を捨ててからビスクに戻ろう。

しばしツルハシで採掘に没頭。

売りに行ってみた。

一個1~4円・・・・
アイコン、こんなにキラキラして宝ものみたいなのに?!

がーん。

とかなんとか言いつつ、気がつくと「マイナー(職業:堀師)」になっていた。
いや、私がなりたいのは戦闘キャラなんだけど・・・・。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-02 (Sun)
ボスを倒した後、扉をくぐってアルターの前で ものすごく感激しちゃった私。
何やらいっぱい魔法をかけてくれて、途中で新人仲間が死んでしまったのも復活させて。
ポーションのショートカットも作れない、まっすぐ歩けもしない私を・・・よくぞ送り出してくれました、先輩。
先輩プレーヤーは スーメリアをもらってくる、というクエをやってるわけだけど、新人からしてみればものすごく頼もしくてありがたくて・・・

ほんっとにお世話になりましたあああ!!!

・・・って感じで胸いっぱいでした♪
いつか私も送り出す側になろう!と心に決めつつアルターへ。


あら?
まだチュートリアルって途中だったのね(^^;
終わったとばかり思ってた。
最後の部屋は話聞いてアイテムもらうだけだったので すぐに終わって・・・

ついに本編に突入であーる。
まだまっすぐ歩けないけど・・・・ダイジョブかあ?!
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2005-01-01 (Sat)
みんな行ってしまった。
でも、どうせ一人じゃ抜けられないし・・・まあ 何とかなるだろ。

次に人が増えたら 思い切って挨拶して仲間に入れてもらおう!!
・・・公園デビューを控えたママのようである、と思った。

引き続き 黙々と歩く練習をしていてふと見たら、同じ貧乏くさいいでたちの新人君が立っているではないか♪

私「こんばんは」


・・・・。


・・・・・。


新人君「こんばんは」

無視られたか?と思った頃、返事が返ってきた。
不慣れ同士の上に、このチャットバーは大変使いにくい。
実はこの時 朝の5時近くで、人がなかなか増えなかったので、他にすることもなく新人君を相手に 衛星中継のようなタイミングでしばし会話をした。

しばらく話をしていると 親切な剣士登場。
仲間も集めてくれて、新人も4人くらいになって出発出来ることになった。
新人くんだけが、自分を誘った友達を探さなくてはならないからとアルターから引き返していった。

またいつか逢えるかな???
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2004-12-31 (Fri)
いよいよチュートリアルも終了?

教育係「お世話になった人に渡すのぢゃ」
スー・メリアという花をもらって アルター(ワープする装置)から他へ飛ばされた!

飛んだ先には・・・・・

おお、人がいっぱい!
装備、すごっ
衣装も すごっ
ペット? でかあああ?い!

さて・・・・何すりゃいいんだ???
誰かに話しかけて助けてもらってクリアしなきゃいけないイベントなのだが、何せ年食ってるという負い目もあって、ナカナカ話しかけられない。
他人が教えてもらってるのを近くで盗み聞きしたりして(セコっ
ああ 挨拶するタイミング逃しちゃった・・・。

知らない人「出発するみたいですよ」

一人黙々と歩く練習をしている私のところまで来て 声を掛けてくれた人がいた。
挨拶もしてないのに勝手についてっていいのかな???
返事をしようと、バーを出そうとしたけど・・・あれ?どれで出るんだっけ。
ああ 出た出た。
ええとー・・・あら。文字出るの遅いわ。
しまった、変換ミス。
ありゃー デルで消えないしカーソルも移動しないのね。
バックで消してー・・・・



ふとみると 誰もいなかった。


ここから出られる日は来るんだろうか・・・・(トオイメ
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2004-12-30 (Thu)
細いウエスト、長い足。
スーパーサイヤ人みたいなヘアスタイル。
フフ、かっこいいかも♪

よし、ゲーム開始ー!!!
と意気込んだのはいいが・・・。

はうっ・・・

まっすぐ歩けません。
カメラアングルが グルグル回って酔いそうです・・・・。

道を曲がりたいだけなのにUターン。
おお?い、どこへいくんだ私。
グルグル回って あれ?どっちに行くんだっけ?

先生の様な、仙人のようなPCキャラについていって 初歩的な技術説明を受けるチュートリアル。
ものすごい時間がかかった。

戦闘の練習やら 料理の練習やら 泳ぐ練習やら・・・。

ぎゃーーっ 溺れるっ!!・・・ていうか溺れた。
うーん、外に出たら二度と泳ぐまい。陸だけ進もうっと。
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2004-12-29 (Wed)
キャラクターメイク開始。

おお♪
エロゲーにも出れそうな可愛い顔♪

・・・これは気が引ける・・・・

エルモニー、サイズだけならリアルにカブるけど・・・年がちょっとね。
あんまりキレイな顔もなあー。

まあ これくらいなら・・・スタイルがリアルと全然違うけど、可愛すぎないし、まあいいか?
男顔で キャピキャピしてないし。

というわけで「バンデモス」に決定。

さあ ゲームの世界に繰り出すゾーーー♪
 
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2004-12-28 (Tue)
ドラクエを買おうかな?と。
でも・・・せっかくPCがあるんだからオンラインRPGやってみよう!
で、いい年して始めてみた。
中は子供や学生だらけなんだろうなあ。その上 初心者で。
肩身狭いかな(^^;

DL・インストールには4回目で成功。
えーらい 時間と手間かかった。
始めるまでにこんなに労力がいるとはっっ
(:゜д゜:)ハアハア
* Category : 始めた頃の話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。